とんぼ玉専門店kinari・酸素バーナー部門。酸素バーナー用のガラス棒・工具の販売、酸素バーナー教室を展開中。

酸素バーナーについて

スペースの確保

酸素バーナーを使う際はある程度のスペースを必要とします。
酸素バーナーには小さい炎しか出ないものから大きい炎の出せるものまで様々なバーナーが存在します。ですが基本的に炎を前に傾けて作業を行うため奥行き(1m以上)のある広いスペースが好ましいです。
プロパンガスや都市ガスはもちろん、燃焼ガスを長時間吸引すると身体に良くないため、換気が十分にできるよう、作業場のセッティングに配慮されることをお勧めします。
これはエアーバーナーの場合も同様です。

ボロガラスとは、ソフトガラスに比べ、膨張係数が非常に低いガラスです。
膨張係数が低いという事は温度変化によるガラスの伸縮率が少なく、割れにくいということです。
又、ソフトガラスに比べて比重が小さく、比較的大きな物を身につけてもそれほど重いと感じません。又、耐久性に優れ、急熱急冷に強いため、大きな作品の製作がソフトガラスに比べ容易に行えます。
作業温度が1200度以上と高温なため酸素バーナー以外のバーナーで製作することはできません。

酸素バーナーとは可燃性ガスと酸素ガスを混合して燃焼させるバーナーのことです。
純度の高い酸素を供給することにより火力が強くなり2000度近い高温を得ることができます。

バーナーによって炎の性質や大きさが異なるので目的にあったバーナーの購入をお薦めします。
大きなマーブルや、スカルプチャー、ゴブレット、グラスなどには大型バーナーを、ペンダントトップや指輪、小さなオブジェには小型バーナーを、と用途に合わせて使用するバーナーを選べば燃料効率もよくなります。